投稿

GMOコイン→メタマスクに送金、OpenSea連携でNFTを購入してみた件

イメージ
  最近話題になっているNFTアート。 私は音声配信プラットフォーム「Voice」でインフルエンサーのイケダハヤト氏やマナブ氏の放送で、NFT(非代替性トークン)アートの大体の内容を理解しました。 また、同氏らのメールマガジンにも登録しているため、そこでの解説も大変役に立ちました。 ブロックチェーン技術を利用して、複製の効かない一点物のアートを購入することが出来るというのが、私の大体の理解です。 NFT市場は既に海外では盛り上がっているようなのですが、日本の市場はまだまだとても小さいらしく、NFTを所有している層もほんの僅かだそうです。 「NFT 購入 方法」で検索すると、「コインチェック」からメタマスク(ウォレット)に送金し、メタマスクをOpenSea(NFT売買のプラットフォーム)と紐付け、そこでNFTを購入するという流れが説明されていることが多いのですが、私はコインチェックの認証が上手くいかなかったため、口座を持っていた「GMOコイン」からメタマスクに送金しました。 GMOコインからメタマスクへの入金の方法​ 1.GMOコインのホームから、サイドバーの「入出金」→「暗号資産」を選択 2.銘柄選択で「イーサリアム」を選択 3.送付タブからメタマスクのアドレスを追加 4.送付金額を入力 ※最低0.1ETHからとなっていますが、少額でも全額メタマスクに送金することで解決できます(私は0.04ETHほどを送金しました) 5.メタマスクとOpenSeaを紐付ける この項目に関しては、他のサイトでも詳しく紹介されているため、説明を割愛します。 6.OpenSeaでお気に入りのNFTを探す ※2021年 10月15日現在、OpenSeaはまだまだ使いにくさを感じる状態で、サイトが重かったり、検索が上手くいかなかったりするため、私はTwitterで絵柄が好みのNFTアーティストを探し、その方のリンクからOpenSeaへアクセスし、NFTを購入しました。 ガス代に注意 私がNFTを購入した際に感じたことは、「ガス代」といわれる手数料が思ったより高いということでした。「低速」でもそれなりの手数料はとられますが、購入の際は低速にすることをオススメします。

【書評】藤沢数希 ぼくは愛を証明しようと思う(audible版)

イメージ
ー 僕は数年間、モテない日々を送っていたが、ある概念を知り、それについて学ぶことで、 いささかマシになったと思う。ー 僕は数年前に病気をして実家に帰ってからというもの、全然女性にモテず、苦心していました。 街コン、相席バー、SNS、マッチングアプリ、ありとあらゆる手段を用いましたが、 全く鳴かず飛ばず。 しかし、この書籍「ぼくは愛を証明しようと思う」の紹介動画をYoutubeで見て、 半信半疑ながら、本を購入し、「恋愛工学」なるものを勉強したところ、 割とモテるのではないかというレベルに到達しました。 というか、 ナンパが成功しました。 そもそも、この本を読む前の僕は、一度たりともナンパをしようと思ったことが無かったのですが、出会いのツールの一つとして、ナンパとナンパの方法が具体的に紹介されていたので、僕でもナンパが出来るようになりました。 ナンパが成功した際も、本書に書かれているテクニックを使用したのですが、 なによりも、「ナンパを成功させた」という達成感が僕に自信をもたらしました。 それ以降、僕は女性と話す時も堂々とできるようになり、 割とモテている気分になったのでした。 女性からは「遊び慣れている」印象を持たれる程になりました。 さて「ぼくは愛を証明しようと思う」ですが、 恋愛に関するノウハウが、村上春樹氏の小説「ノルウェイの森」の登場人物をモチーフとした、「ワタナベ」が恋愛工学の師である「ナガサワさん」に学ぶという形式で進められていき、読み物としても楽しむことが出来ます。 しかし、女性から見ると若干不快な表現もあるため、女性にはあまりオススメは出来ません。 しかし、「スタスティカル・アービトラージ戦略」や「タイムコンストレイトメソッド」など実用性の高いノウハウが満載のため、モテたければ先ず買うべき一冊だと思います。 Amazonオーディブルのリンクはこちら↓↓ 耳で学んでモテるようになりましょう! ぼくは愛を証明しようと思う。

青海コーヒーが人気アニメ「PUIPUIモルカー」とコラボ

イメージ
 皆さんコーヒーはお好きでしょうか? 私は毎日ドリップコーヒーを一杯は飲むほどのコーヒー党で、豆を挽くマシンも持っています。 私はお店でコーヒーを飲むことも大好きで、北海道にある宮越屋コーヒーや東京神保町や池袋にある、青海コーヒーが大好きです。 そんな青海コーヒーが人気アニメ「PUIPUIモルカー」とコラボしたドリップコーヒーやケーキ等を発売しました。 私は勿論、モルカーは全話視聴したのですが、モルカーの愛らしさの虜になりました。 可愛らしいモルカーのパッケージはモルカーファンならコレクションしたくなること必然です。 ↓↓ご注文はこちらから↓↓ 香りで行列、1日300杯が売れる珈琲

ドンキで2,000円のスケボーを買った結果②

イメージ
  こんにちは、竃門炭治郎です。 鬼殺隊で剣士をしていましたが、ひょんなことからスケボーになってしまいました。 さて、そんな感じで先日ドンキで2000円で購入したスケボーは全然前に進みませんでした。 前回の記事⇒ ドンキで2000円のスケボーを買った結果① そのため、ネットで「bones」のベアリングを購入して、炭治郎モデルのスケボーに装着しました。 購入したベアリングはこちら。 bonesのベアリングはプロの方でも使っている方がいるそうですが、ネットで2000円程で買えました。 ボーンズ レッズ ベアリング 【BONES REDS BEARING】 実力はABEC7クラス、チャイナ製をナメたら大間違い 価格:2172円(税込、送料別) (2021/6/10時点) 楽天で購入 サイズは事前に計っていたため、ぴったりと合いました。 昨日ホームセンターで1000円くらいで売られていたスケボーを見たのですが、 そちらは一般的なスケボーと規格が違っていたため、炭治郎モデルはまだマトモでした。 ベアリングを取り替えて乗ってみたところ、前よりは随分とマシな滑りをするようになりました。 しかし、友人に乗せて貰った良いスケボーに比べると、まだまだ滑りが悪いので、次回はウィールを交換してみたいと思います。

都会で暮らし始めるなら、シェアハウスがオススメ

イメージ
  東京で暮らすことは、日本で生まれた都会志向の方なら、一度は憧れることだと思います。 しかし、家賃が高かったり、知り合いが誰も居なかったりと、東京暮らしのハードルは案外高いものです。 しかし、シェアハウスであれば、家賃もマンションと比較すると安く、 他の入居者と触れ合うことも出来るので、それほど寂しさも感じないと思います。 23区内でなくても23区に近い、調布市や三鷹市であれば、それほど不便も感じないと思います。 現に私が東京に住んでいた頃は「千歳烏山」という、ギリギリ23区内の、調布市の隣の駅に住んでいました。 私がネットサーフィンをしていて、見つけた良さそうなシェアハウスはこちら。 調布市と三鷹市の間くらいにあり、約四万円で住むことが出来、インターネットも使えるという素晴らしい物件です。 私が東京に再度住むことがあれば、シェアハウスを是非利用したいです。 コスパと出会いが魅力のシェアハウス日本最大手オークハウスが入居者募集中

MaaSで車も所有からリース・サブスクへ

イメージ
  2020年以降、「移動」に関する価値観が変わりつつあります。 その理由はMaas(モビリティ・アズ・ア・サービス)というバスや電車、タクシー等の移動のためのサービスを情報通信技術の元に統合し、一つのサービスとして完結させようという動きが出つつあるためです。 小田急電鉄等の大手もこの動きに参入しつつあり、サブスクリプションモデルや決済の自動化等を勧めているようです。 自動車に関しても、「所有する」という価値観はもはや旧時代的であり、レンタルやリースが今後主流になるものと思われます。 月額15000円くらいで新車に乗れた方が、中古車を50万円で買い、維持費を払い続けるよりエコですよね? 今回紹介する「カルモくん」も定額で新車に乗り放題という画期的なサービスです。 サブスクリプションモデルを採用しており、私の好きな車種である、スズキのアルトも月13,030円で乗ることが出来ます。 所有するよりもリース・サブスクの方が経済的なので、車必須の地域に住んでいて車を所有していない私もいずれこのサービスを利用しようと考えています。

映画「シングルマン」でコリン・ファースが着用していたウェリントンタイプのサングラスがオシャレ

イメージ
  皆さん、映画「シングルマン」をご存知でしょうか? 世界国際映画祭でも話題となった、カリスマファッションデザイナー「トム・フォード」の初監督作であり、彼の内面をさらけ出したような傑作として、大変評価された映画なのですが、 そんな映画、シングルマンで、コリン・ファースがかけていた、ウェリントンタイプのメガネをサングラスの通販サイトで扱っているのを見つけました。 ウェリントンタイプのメガネは数年前からスタンダードなアイテムになりつつありますが、 ビジネスマンをより「出来る男」に見せるアイテムとしてはマストだと思います。 かくいう私も型は多少違うもののウェリントンタイプのメガネを愛用しています。 他にも、元プロサッカー選手の中田英寿選手モデルのサングラス等、 ラグジュアリーなアイテムを多数扱っているため、是非一度、覗いてみて下さい。